お手入れ後のアフターケアが必要な全身脱毛

ほてり・炎症を長引かせない

すべすべのお肌が手に入る全身脱毛ですが、脱毛して終わり、というわけではありません。脱毛した後の肌はダメージを受けているため、丁寧なアフターケアが必要です。全身脱毛後の問題は炎症とほてりです。施術後は、お肌に刺激を与えないように冷やし、肌を温めないように留意してください。熱いお風呂で肌を温めないようにして、シャワーで済ませることも必要です。ほてりや炎症がひどいときには冷たいタオルや冷水で冷やしましょう。とにかく肌の温度を上げないように心がけてください。

全身脱毛は、光やレーザーを照射し毛根にダメージを与えてムダ毛を処理しています。全身脱毛の施術を行った後の肌は、ダメージがかかっているので優しくお手入れをすることになります。

日光を避けて水分量を保って肌ケア

施術後のアフターケアの中心は、肌の水分量を保つことです。たっぷり水分が含まれた肌は、みずみずしく美しくなりますが、全身脱毛の施術後の肌はダメージを受け、水分量が減少しています。意識的に水分量を補給するようにケアし、回復に努めましょう。 肌の水分量を高める化粧水・保湿クリームを使い入念に保湿を続けてください。全身脱毛後には直射日光を避け、日焼けをしないようにすることが肝心です。施術後の肌は、日焼けで肌の炎症がひどくなりやすく、シミの原因を作ることもあります。炎症がひどくなった場合、痛み止めのクリームや軟膏などを塗りケアしてください。肌の状態が悪くなった場合にはクリニックなどでドクターに相談してみてください。